喫煙は体臭を強める

これは、足汗と皮脂がくつの中で体温によって温められるため、くつの中に存在していた細菌が繁殖し、においを発するようになるためです。

 

くつが通常の状態で無臭であっても、実際は雑菌が付着しています。

 

その付着している雑菌が、体から出る老廃物をえさにして、においが気になる程度まで増殖してしまうのです。

 

人間の体温が雑菌の繁殖しやすい温度であることも関係しています。したがって、無臭にするためには、くつの中に雑菌が繁殖しづらい状態をつくることが重要になります。

 

体温を変化させることはできませんので、くつの中を清潔にたもち、湿気のない状態にしておくことがもっとも効果的と言えます。

 

そのため、くつをいくつか用意し、ローテーションで履くようにすると、くつが休まり、履いていない日に内部を乾燥させることができます。

 

また、体臭が強い場合もにおいを感じやすくなりますので、自分の体自体をケアすることも重要です。

 

体を清潔に保つこと、体調管理をすることが体臭を抑える一助になりますので、野菜が多い食生活をおくり、適度な運動をすること、ストレスをためないようにすることに心がける必要があります。

 

また、喫煙も体臭を強くする原因となりますので、禁煙を心がけることも大切です。

コメントは受け付けていません。