焦げパンは脱臭効果あり

うっかり焦がして食べられなったパン、どうしていますか?
そのまま捨ててしまうのはもったいない!
実は、焦げパンには、活性炭と同様の脱臭効果があるのです。

 

 

・パンが焦げて食べられなくなってしまったら?
→真っ黒になるまで更にしっかりと焦がしましょう。
しっかり焦がして真っ黒な炭の状態になったら、適当に切って脱臭剤の出来上がりです。
靴箱や冷蔵庫、電子レンジ等の脱臭に使えますよ。
元々が食品のため、どこに使っても安心・安全なのが嬉しいですね。

 

 

・脱臭剤として使いたいけれどパンくずが気になる!
→靴箱に使う際など、パンくずが散乱しても困りますね。
そのような場合、不織布で出来た袋などに入れて使用すればパンくずも気になりません。
ふきん等の薄手の布でくるんで輪ゴムで止める、等でもOKです。
靴に直接つっこんで一晩置いておくだけで、ニオイ対策はバッチリです。

 

 

・なぜ脱臭効果があるの?
→パンが焦げた状態は、活性炭と同じように多孔性の炭となります。
その穴の部分にニオイの原因物質や湿気を吸着してくれるのです。
また、焦げたパンは表面がザラザラとしていることからも分かるように表面積が大きいため、抜群の脱臭効果を発揮しますよ。

焦げて食べられなくなったパン、市販の活性炭がわりに活用してみてはいかがでしょう。

 

コメントは受け付けていません。