新聞紙とコーヒーかす

日本は非常に湿気の多い場所であり、その昔は草履等や下駄などの通気性の良い衣類で、体の湿気による蒸れを防いでいました。しかし現代の日本人の服装は洋装化しており、真夏の熱い気候の中でもブーツを見に付ける人も少なくありません。

 
そうなってくると、避けることが出来ないのは靴周りの悪臭です。草履等の和装小物は簡単に手入れが可能ですが、靴類はそうは行きません。毎日起こりうる靴の匂いの問題に、どう対応すればよいでしょうか。

 
これ等の問題を簡単に家にあるもので簡単に解決する方法があります。それは、何方の家にもある新聞紙とコーヒーカスです。
この二つを使う事により、靴の匂いを解決する事が出来るのです。

 
まずは新聞紙を何重かにして、コーヒーカスをその上に敷き詰めてください。そして敷き詰めた新聞紙を靴箱の中においておけば、まずは靴の保管場所の匂いは大分解消されます。そしてもし特に匂いが気になる靴があるのであれば、靴のサイズに新聞史のサイズに合わせて中に敷き詰め、その中にコーヒーのカスを敷き詰めておきましょう。この際、コーヒーのカスと靴の中が確りと乾いている事を確り確認してください。内部が湿った状態にあると、新聞紙のインクが靴に染み出してしまう可能性があるからです。

コメントは受け付けていません。